Minecraftのサーバーを立てる方法(バニラ/公式鯖)

このページでは、Minecraftの公式鯖の立て方を紹介します。

もしかして:ForgeModサーバー

 

みなさんも

「Minecraftで友人とマルチプレイしたい!でもPCで起動してたらシャットダウンしたら終わりだし… 」

と思ってMinecraftのLANに公開で終わっていた人もいると思います。

このページではMinecraftの公式鯖を月1,000円未満で24時間起動のサーバーの立て方を紹介します。

自宅サーバーのメリット/デメリット

まず、Minecraftサーバーを立てるときは、Minecraftサーバーを入れるサーバーが必要です。

イメージはだいたいこんな感じです。

この一番外側の入れ物を借ります。

自宅で運営することも可能ですが、デメリットの方が大きいのでレンタルサーバーを借りたほうが良いと思います。

自宅で運営するデメリット

  • 故障の際、修理費が高額なことがある
  • 自宅の回線を専有する
  • 本体が高い
  • スペックをあげるためには再購入するか、サーバーを改造する必要がある

自宅で運営するメリット

  • 自分の近くにあるので、安心できる
  • 初期投資+維持費のみ

サーバーを借りる

自宅サーバーでも起動することはできますが、このページではレンタルサーバーでMinecraftサーバーを起動します。

 

サーバーを借りると言っても、色々なレンタルサーバー会社があります。

・xserver

・ConoHa

・さくらサーバー

など色々なレンタルサーバー会社がありますが、今回はMinecraftの自動インストール機能があるConoHaを使用します。

ConoHa契約はこ↑こ↓からどうぞ

Minecraftサーバーは1GB以上しかサポートしていないため、1GBプランをおすすめします。

上のリンクからだと、1GBで月810円になります。

サーバーを構築する

ConoHaサーバーの管理画面にログインするとこのような画面が表示されます。

 

最初はサーバーを一つも借りていないので、サーバーをクリックして、サーバーを借りましょう。

 

クリックするとこのような画面に飛ぶはずです。

 

その次にこのボタンをクリックします。

 

するとこのようなページが開くので

メモリを1GBに、イメージタイプを

アプリケーション→Minecraft

にします。

ここで絶対にサーバーは東京にしましょう。

シンガポール・アメリカのサーバーもありますが、東京サーバーの方が融通がききますし、ラグが少ないので。

自動インストールのMinecraftサーバーは1.11.2しか対応していないので、それ以外のバージョンの場合は手動操作が必要になります。

手動インストールはこちら

すると、サーバーを起動していると、自動的にMinecraftサーバーも起動するような仕様になっているようです。

サーバーのIPアドレスをコピーして、Minecraftでログインしましょう。

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。

ご不明点・質問などはコメント欄までどうぞ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください